クリアネオが効かないは嘘?クリアネオがおすすめな3つの理由

MENU

クリアネオをおすすめする3つのおすすめポイント

今、一番人気のワキガ専用デオドラントといえば「クリアネオ」ではないでしょうか。
いろいろな商品を使ってみたけど、イマイチ効果を実感できない、効果が持続しない、と悩んでいる方に高く支持されています。

 

ここでは、多くの方に選ばれている「クリアネオ」の効果と、実際に使用している方の口コミをまとめてみました。

 

人気ポイントその@「高い殺菌力」

 

一般的な「ワキの匂い」とは違い、ワキガが発するあの強烈な匂いの原因は、ワキに集中し存在する「アポクリン汗腺」が原因です。
アポクリン汗腺は、脂質、タンパク質を多く含み、白っぽい液体であるのが特徴的です。

 

アポクリン汗腺から分泌される汗自体は、匂いはありませんが、ワキの皮膚や毛穴、腋毛に残る雑菌が汗と混ざり、分解されることでワキガ特有の悪臭を発生させます。
つまり、ワキ、ワキ周辺に存在する雑菌を徹底的に処理することによって、ワキガのツンとした匂いを除去できるのです。

 

「クリアネオ」には、非常に高い雑菌作用のある「有効成分イソプロピルメチルフェノール」が配合されているので、ワキガの原因菌を徹底的に殺菌に、嫌な匂いの発生を24時間完全にブロックします。

 

人気ポイントそのA「強力消臭力」

 

ワキガの原因は、脂質やたんぱく質を含む「アポクリン汗腺」ですが、ワキから放たれるあの嫌な匂いには、もう一つ「エクリン腺」から分泌される原因もあります。
エクリン汗腺によるワキ汗は、生理現象であるため、すべての方に起こります。

 

皮膚の比較的浅い部分にあるエクリン汗腺から出る汗は、水分とわずかな塩分のみですが、大量に分泌されると、雑菌の繁殖しやすい状況を作るため、すっぱい匂いを放ちやすくなります。

 

その匂いを強力に消臭するための成分が「クリアネオ」には、多く含まれています。
それが「パラフェノールスルホン酸亜鉛」で、殺菌成分イソプロピルメチルフェノールとのWの効果で、匂いの原因となる汗を抑制し、菌を除去、匂いを一つ残らず消臭します。

 

さらに、古くから消臭剤などに使用されている柿渋エキスを高濃度で配合し、匂いの元に追い討ちをかけ、ワキをさわやかに保つことが出来ます。

 

人気ポイントB「クリアネオ」利用者の口コミ

 

以下は、周囲の人たちを不愉快にさせてしまう、強烈な匂いを放つワキガで悩んでいる方に大変人気の「クリアネオ」を実際に使ってみた方の口コミをいろいろとまとめてみました。
良い口コミ、辛口の口コミもありますので、参考にしてください。

 

・30代女性デスクワーク

 

仕事の間は、それほど体を動かすことはないので、ダラダラと汗をかく心配はありません。
ただ、それでもお昼過ぎ頃から、ムワッとする匂いが周囲に漂って・・・。

 

以前は、1時間おきに、デオドラントクリームを付け直したり、ワキを石鹸で洗ったりといろいろと工夫をしたのですが、一向に改善することはありませんでした。
いよいよ手術も・・・と考えているときに「クリアネオ」のことを知り、生活が一変しました。

 

あんなに大変だったワキガの匂いが、劇的に変わったんです。
朝、出勤前に「クリアネオ」を付けると、帰宅時まで匂いがしっかりと抑えられます。

 

本当に嬉しくて、生活が楽になりました。

 

・20代女性居酒屋バイト

 

重度のワキガ、と言ってもいい位です。
友達に何度も指摘されていますし、自覚しています。
だから、手術のことを何度も真剣に考えていますが、正直お金がありません。
で、友達に紹介されて「クリアネオ」を一か八かで使っています。
朝つけて、昼に1回、夕方1回と付け直しは、必要ですが、以前に比べるとだいぶ匂いがマシになったと思います。

 

・35歳男性営業

 

汗っかきで、ワキガ以外にも体臭や足臭など、もう最悪です。
朝の通勤電車の中で、すでにシャツはグッショリで、職場に到着後、すぐに着替えです。
もう、そんな生活は、面倒くさいというか、正直精神的にまいることも。
たぶん、遺伝です。だから、手術が一番良い方法だとは思うのですが、一応口コミで人気だった「クリアネオ」を使ってみました。
効果は凄くいいと思います。
汗を抑える効果は、イマイチですが、自分でもクラクラするような強烈な匂いが、ほぼなくなりました。
これまで使った中では、一番いいと思います。
少し高いけど、手術費用のことを考えると、今は、これで何とかできそうです。

 

いかがでしたか?
あなたと似たような体質、職種、年齢の方と照らし合わせて、快適な生活が送れるよう「クリアネオ」の使用を検討してください。

 

また、クリアネオはすそわきがにも効果的です。